InMon Traffic Sentinelデータシート斜め読み

表題にデーターシート斜め読みと記載しておりますが、本記事掲載時点でInMon Traffic Sentinelを検証しておりません。よって、他複数NetFlowコレクタ製品の検証経験がある当方がInMon Traffic Sentinelのデータシートを読んで特徴や実際の評価前にポイントとしてあげるべき点をまとめておきます。なおデータシート斜め読み企画は、対象とする製品すべてに対して行いますので比較検討に将来的に役立ちます。

InMon Traffic Sentinelのデータシートは、こちらからダウンロードできます。データシートでアピールしている点を以下にまとめました。

項番特徴
1sFlowを開発した会社が開発したフローコレクター。sFlowに特化
2アプリケーションレベルの可視化
3仮想マシン、スイッチ対応
4L2,L3トポロジマップ生成
表1 Traffic Sentinelデータシート特徴

表1にアピールポイントをまとめましたが、「筋が良さそう」な印象を受けました。データーシートを読んで当方が注目した点は、以下となります。

  1. 数万ホストの監視が可能とあるが、システム要件の記載がなし。確認必要。
  2. 仮想サーバー、物理サーバー、コンテナにインストールするエージェントについて仕様などを確認する必要あり
  3. アプリケーション分析はL7レベルでの可視化になっているかを確認する必要あり

概ね好印象なので、評価できれば詳細をレポートとします。お楽しみに!

(Visited 154 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。