【違いが一目瞭然】NetFlowとFlexible NetFlowの違いを詳細に説明

Cisco CCNP 350-401 ENCORで出題されるNetFlowの知識を実例付きで解説しますでFlexible NetFlowとNetFlow v9の違いを説明しました。

Flexible NetFlowとNetFlow v9の違いは、重要なトピックですのでもう少し深堀りしたいと思います。

NetFlowの歴史から語りたいと思います。

NetFlowが開発されたのは1996年とかなり古いプロトコルです。

Ciscoが開発しました。

NetFlowファミリとしては、NetFlow v5, NetFlow v9, Flexible NetFlowとあり、NetFlowを元にしてIETFが策定したのがIETF RFC7011で定義されたIPFIX(IP Flow Information Export)です。

表1に各プロトコルの違いを記載したいと思います。

本表は、Ciscoのドキュメント「NetFlow Technology Ovverview」から抜粋しております。

2013年と古い資料となり、制限事項の部分は現在の状況とあてはまっていないところがありますが、特徴部分が参考となります。

バージョン特徴制限事項
v518個のエクスポートフィールド
シンプルでコンパクトなフォーマット
IPv4のみサポート
フィールドとlengthは固定
単一のフローキャッシュ
v9テンプレートベース
IPv6フローサポート
MPLS, BGP nexthopサポート
L2を含む104種類のフィールド
フロー方向のレポート
lengthフィールドは固定
メモリを多く使う
パフォーマンスが良くない
シングルフローキャッシュ
Flexible NetFlowテンプレートベースフローフォーマット(v9ベース)
フローモニターのサポート
キーフィールドとIPv6サポート
NBARデータフィールドサポート
あまり普及していない
プラットフォームが特殊
IPFIX標準化 RFC5101,5102,6313
NBAR2サポート
IPv6サポート
サポートしているCiscoプラットフォームが少ない
表1 NetFlowのバージョンによる違い

NetFlow v9とFlexble NetFlowの共通点は、テンプレートベースであること。

そしてそのテンプレートは、NetFlow v9のものであるということです。

NetFlow v9を認識できるフローコレクターが、Flexible NetFlowと互換があるのはテンプレートフォーマットが共通だからといった理由です。

最後に、Cisco CCNP 350-401 ENCORの記事でも紹介した、実際の設定方法の違いをみてみましょう。

図1 NetFlow v9 vs Flexible NetFlow

設定方法の比較で差が出ているのは、flow recordの部分です。

Flexible NetFlowは自由にエクスポートフィールドを選択できます。

図1 NetFlow v9 vs Flexible NetFlowがあればもう設定に迷いませんね。

是非活用してください。

(Visited 3,274 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。