Cisco Catalyst 2960-XにおけるSPAN設定制限

IOSのバージョンによって、SPANの制限事項は異なります。

本日の記事では、Cisco Catalyst 2960-XでのSPANついての制限事項をマニュアルから抜粋してご紹介します。

参考にしたマニュアルは、こちらから参照することができます。

Cisco IOS Release 15.2(2)E が対象です。

SPANとは、以下の略です。

SPAN = Switched Port Analyzer

SPANは自スイッチの特定ポートに流れるトラフィックを他ポートにミラーする技術です。

Cisco Catalyst 2960-XのSPAN制限事項は、表1の通りです。

NoSPAN設定の制限事項
1各スイッチ最大4つ(スイッチがCatalyst 2960-Sスイッチとスタックされている場合は2つ)の送信元セッションと64個のRSPAN宛先セッションを設定できます。 送信元セッションは、ローカルSPANセッションまたはRSPAN送信元セッションです
2SPAN送信元に関して、単一ポートもしくはVLAN、シリーズ、ポートのレンジ、それぞれのセッションに対するVLANsのトラフィックを監視することができます。送信元ポート、VLANsを単一のSPANセッションに混ぜることはできません
3宛先ポートは、送信元ポートに設定できません。送信元ポートは宛先ポートにはできません
4同一の宛先ポートを利用して、2つのSPANセッションを作ることはできません
5SPAN宛先ポートとして、スイッチポートを設定したとき、通常のスイッチポートではなくSPAN宛先ポートのトラフィックを監視する目的のポートとなります
6SPAN設定コマンドの中では、既存のSPANパラメータを削除できません。一度、no monitor session{session_number | all | local | remote}グローバル設定コマンドを入力する必要があります
7ローカルSPANに関して、SPAN宛先ポート向けのoutgoingパケットは、encapsulation replicateキーワードを入力すれば、オリジナルのencapsulationヘッダーを送信します。untagged, ISL, IEEE802.1Q等。キーワードが設定されていない場合、パケットはネイティブフォーマットで送信されます
8disabledポートを送信元もしくは宛先ポートに設定することができますが、SPAN機能は宛先ポートや少なくとも1つの送信元ポート、VLANが有効にならない限り開始されません
9送信元VLANsとフィルターVLANsを単一のSPANセッションに含めることはできません
表1 Catalyst 2960-XのSPAN制限事項

SPANの設計や設定で迷ったときは、本表を参考にしてください。

(Visited 1,382 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。