TAPとSPANどちらを選ぶ?

知っているようでしらないこのネタを3分以内で語ります。

世の中には商用TAP製品がいくつか発売されています。

CISCO製品なら、たいていSPANが設定できます。

それでは、なぜTAPを高いお金を出して買わなければいけないのでしょうか?

簡単に説明すると、SPANだと「パケットロスする可能性があるから」といった回答になります。

例えば、1GbpsのG0/1ポートのTX(送信)及びRX(受信)パケット両方を同じく1GbpsのG0/2ポートにSPAN設定するとします。

全二重通信なので送受信同時に処理することができ、最大でTX1Gbps + RX 1Gbpsの2GbpsのパケットがG0/2ポートに流れていくことになります。

G0/2ポートとしてみれば、RX2Gbpsとなるので処理しきれずにパケットロスといった結果になります。

よく、SPAN設定で複数ポートを束ねて一つの宛先ポートに設定していませんか?

よりパケットロスの確立を高めている設定方法だということが、分かっていただけると思います。

一方、TAPですが。アグリケーションTAPはTX,RX束ねてしまいますので上記と同じ結論に残念ながらなります。

しかし、TXとRXを別々に処理するTAPは上記の例でTX,RX合わせて2Gbpsが流れてもパケットロスなく処理できるといったお話です。

以前の記事で書いたかと思いますが、筆者自身は高級TAPを使ったことがないので、機会があれば触れてみたいなと思っています。

(Visited 722 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。