Ubuntu18.04 PostfixのrelayhostをGmailに設定

  • ドメインを取得したくない
  • 独自でメールサーバを立ち上げたくない
  • メール受信は、ウェブブラウザで閲覧したい

という勝手な理由で、ntopngをインストールしたPC Engines apuにpostfixをインストールしてリレーにGmailを設定しようというお話です。

今後も自身で何回か設定するかもしれないネタなので、備忘録として残しておきます。

セットアップ

素晴らしい記事があるので、以下を参照してください。

In this guide, we are going to learn how to configure Postfix to use Gmail SMTP on Ubuntu 18.04 to relay mails. To ensure reliable mail delivery, Postfix MTA can be configured to relay mails through an external SMTP server such as Gmail SMTP server.

Configure Postfix to Use Gmail SMTP on Ubuntu 18.04

注意点

上記記事で唯一つまずいたのが、Send a Test Mailの部分です。

gmail側の設定を変更しておかないと、メールがブロックされます。

図1 gmail送信エラー

ブロックされないようにするには、「[安全性の低いアプリの許可] をオンにする」必要があります。

図2 安全性の低りいアプリのアクセス

メーンのgmailアカウントでの設定はお勧めしませんので、アラートメール用のアカウントを別途作成することを推奨いたします。

(Visited 193 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。