WIRESHARK達人への道 第二十一歩 サンプルpcapファイルを活用しよう

本連載は、筆者がWiresharkの達人となるまでを追うドキュメンタリー作品である。

自環境のネットワークをキャプチャをWiresharkで眺めていると以下のような気付きがないだろうか?

「確認できるプロトコルが、TLS,HTTP,SSH,DNS,SSDP,SMB,ARP,ICMPくらいだな・・・」

そんな貪欲な読者の皆様に朗報です。

wireshark.orgでは、いくつかのプロトコルのサンプルキャプチャファイルをダウンロードすることができます。

2020年9月13日現在で、100種類以上のpcapファイルをダウンロードして閲覧することができます。

URLは、こちらになります。

ウィルスとワァーム,SCTP,IPMIといった通常では取得するのが難しいpcapなんかもダウンロードできちゃいます。

インフラエンジニアだけではなく、プロトコルスタック開発者にも役に立つライブラリかと思いますので、是非活用してみてくださいね。

(Visited 1,066 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。