WIRESHARK達人への道 第二十二歩 MACアドレスによる名前解決設定

WIRESHARK達人への道 第十八歩 名前解決設定では、DNSによるIPアドレスの名前解決設定をご紹介しました。

本日は、OSI参照モデルのレイヤー2、データーリンク層のMACアドレスによる名前解決の方法をご紹介したいと思います。

本日、自宅のWifiに接続されている機器を整理していたのですがMACアドレスと機器を紐づける記憶能力が筆者には足りずにWiresharkの設定に頼ることとしました。

目的は、図1のように定義した名前がEtherⅡのアドレス情報に表示されることです。

図では00:1b:21:68:55:0fがGAMEPCとして、名前解決されていることがわかります。

ちなみにPUBGをプレーする専用マシンなのでGAMEPCと名前をつけております。。

図1 MACアドレス名前解決

Wireshark設定方法

設定は簡単です、以下のフォルダにethersというファイルを配置し、一行ごとにMACアドレスとホスト名のペアを記述するだけです。

C:\Users\"ユーザー名"\AppData\Roaming\Wireshark\ethers

以下がethersファイルの中身です。

00:1b:21:68:55:0f GAMEPC

これだけで、わたくしの記憶力を補ってくれるUIの完成です。

少なくとも自分のパソコンのMACくらいは登録して、図1のように表示フィルタボタンとして登録するのがよいと思います。

(Visited 204 times, 3 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。