Docker ネットワークアソシエイツへの旅#1 ホストOSの検討

2021年の抱負であります、Dockerネットワークの勉強を開始したいと思います。

なお、本記事は筆者の備忘録として書いていきますが、Dockerを使ったことがない人にとっては有用な情報もあるかもしれませんので、宜しかったら一読してみてください。

以下に筆者の現在の検証環境をお知らせします。

項目環境情報
OSWindows10 Pro x64
DockerDocker Engine v20.10.0
表1 筆者環境

ここでポイントなのが、ホストOSがWindowsであるということです。

Linuxの場合とWindowsの場合では、docker0が見えない等、いくつか違いがあるようです。

Windows には docker0 ブリッジがありません

ネットワーク構築機能の実装が、Docker Desktop for Windows 用のため、ホスト側では docker0 インターフェースは見えません。このインターフェースは、実際には仮想マシン内にあります。

コンテナに ping できません

Docker Desktop for Windows は Linux コンテナに対してトラフィックを経路付け(ルーティング)できません。一方で、Windows コンテナに対しては ping ができます。

コンテナごとに IP アドレスを割り当てられません

docker (Linux) ブリッジ・ネットワークは Windows ホストから到達できません。一方で、Windows コンテナでは動作します。

Docker-docs-ja

詳細はこれから勉強していきますが、兎に角ホストOSが異なるとDockerネットワークの検証方法は大きく異なるということです。

世の中に公開されている情報もLinuxホストでの利用方法が多い印象です。

また、いくつかのコマンドがWindowsホストではなかなか成立しないことが分かっております。

Dockerネットワークの検証はWindowsホスト、Linuxホスト両方で実施するのが吉であるということだと思います。

先ずは両ホストを準備し、Dockerネットワークの検証を開始したいと思います。

(Visited 198 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。