WordPressでよくある会話形式の記事を書くために必要なこととは?

本サイト読者の皆様こんにちは!!

管理人の伊集院です。

今日は、トラフィック分析とは全く関係がありませんが、本サイト運営に関わる内容ですので備忘録として記録しておきたいと思います。

WordPressの運営に興味がある方は、ご一読ください。

WordPressで会話形式の記事を作成したい!!と思い立ち、Wordpress SPEECH BALOONを使うにあたってのキャラづくりや実際のプラグイン試行をするお話です。

会話にはキャラクターが必要ですよね?

WordPressプラグインのインストールや使い方は、星の数ほど利用方法が掲載されているのでそちらに譲るとして、問題はキャラ作りだと思うのです。

いらすとやのアイコンを使うのも手ですが、どうせなら手作りしたいところ。

そこで伊集院は、OneNote for Windows10でキャラクターを作成することにしました。

こんなこと書くと、伊集院は絵心がある人間だからそんなこと考えるんだ!と思われがちですが、後で見ていただきますがわたくしは全くといって絵の才能がございません。。。

小学校美術の時間はいつも、

「なんて、下手な絵なんだ・・・ Y君は絵が上手に描けていいいな~」

と劣等感のかたまりでした。

伊集院は、Surface GoとSurface Penを持っていますのでそちらで、キャラクターを2体作ってみました。

つまり、手書きですね。

1体は、本サイトのエース企画、Wireshark達人への道からオマージュしたサメ君です。

もう一体は、サメ君に技術的なアドバイスを求めるカイ君を作ってみました。

カイ君は大学時代の知り合いの名前を拝借しただけで、別段深い意味はございません。

サメ君

カイ君

SPEECH BALOONを使ってみる

はじめましてサメ君、私の名前はカイ。よろしくね!

いや~君はなんで僕の名前を知っているの?

Wiresharkって有名なソフトウェアだから、サメ君も有名だよ。

大きい絵だと下手さが目立ちますが、意外に会話形式の小さい絵だと気にならなかったりします。

これで会話形式の記事を作成する準備ができました。

これからも末永く、本サイトをよろしくお願いします。

(Visited 78 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.
【好きなもの】 インフラ技術が好き。古いものが好き。 【生きてきたフィールド】 システム運用、ソフトウェア開発、ミドルウェア検証、OSSサポート、プリセールスエンジニア、プロジェクトマネジメント 【このサイトでの役割】 サイト管理者。